サークル

掲載日:2014年09月25日

NPO法人あそび環境Museum
アフタフ・バーバン武蔵野市

編集部おすすめ

自分らしさを発揮できる“表現活動あそび”

アフタフ・バーバンとは、アラビア語で「とびらよひらけ!」の意味。それぞれの心の扉を開き、仲間と関わりあいながら生きていこう、という思いを込めて、表現あそびのプログラムや講演活動、ワークショップなどで全国各地をまわる団体です。
今回は、大人気の「みんなで忍者★幼児」にお邪魔しました!

これは、忍者の技を磨くのではなく、その気になれば誰でもどんな場所でも忍者になってあそび合えるというプログラムです。
この日の参加者は、元気いっぱいの幼児約15人。受付を済ませると、さっそく風呂敷を使って忍者に変身です!
まずはスタッフの自己紹介から。これは忍者たちの“聞く修行”。続いてはやり方の説明=“見る修行”です。子どもたちは既に忍者になりきり、しっかりと耳を傾けています。
心づもりができたところで、今度は合言葉遊び。リーダーの「山」の掛け声で立ち、「川」の合図で片ヒザ座りをする練習です。他にも身を隠す修行や、雲の上での修行と称してイメージを膨らませながらみんなで遊ぶなど、ドキドキわくわくの1時間半でした。
はじめは緊張していた子も、スタッフのひっかけ問題にみんなで笑いあったり、協力し合ううちにあっという間に仲良くなっていく姿は、とても微笑ましかったです。
仲間と一緒にあそぶって楽しいね!

<取材:よしだみすず>

詳細情報

  • ■発足年月日:1983年
  • ■対象者:乳幼児から高齢者まで 
  • ■活動場所:市内は御殿山コミセンなど 全国各地で活動中!
  • ■沿線:中央線、総武線、京王井の頭線
  • ■最寄り駅:吉祥寺
  • ■活動日:プログラムによって異なります。詳細はHPでご確認ください
  • ■会費:「みんなで忍者★幼児」は1人500円
    その他は、プログラムによって異なります。
  • ■主な内容:アフタフ・バーバンの表現活動には、乳幼児から高齢者まで幅広い対象に向けた様々なものがあります。舞台作品、ワークショップ、講演会…
    形は違っても、誰かと関わる中で生き合う力をはぐくむためのプログラムがたくさんあります。
  • ■代表者名:北島尚志
  • ■問合せ先:NPO法人あそび環境Museum アフタフ・バーバン
  • 住所:武蔵野市御殿山1‐6‐6 芙蓉ハイツ105
  • TEL:0422‐46‐1951
  • FAX:0422‐46‐1952
  • E-mail:af-b@zj8.so-net.ne.jp
  • HP:http://www.afutafu-barban.org/index.html

※情報は取材時のものです。最新の情報とは異なる可能性がございます。

ひとこと

フォーメーションもバッチリのスタッフのみなさん

「やり方は特にありません! みんなであそび方を一緒に考えよう」

カテゴリ

対象

エリア

エリア選択 市区町村

路線

分類 路線

フリーワード