イベントレポート

掲載日:2014年09月05日

「ここが良かった!」「こんな商品あったらいいな」牛乳石鹸「キューピー ベビーシリーズ」座談会レポート

「ここが良かった!」「こんな商品あったらいいな」牛乳石鹸「キューピー ベビーシリーズ」座談会レポート

赤ちゃんのお肌はとってもデリケートだから、毎日のスキンケアが大切。
育児中のママ達は、赤ちゃんのスキンケアについてふだんからどんな事に気をつけて、どんな工夫をしているのでしょうか。
お肌にやさしい♪と評判の牛乳石鹸・「キューピー ベビーシリーズ」の使い心地についてのお話を中心に、毎日のバスタイムの事から、ベビーソープやシャンプーの使い方&選び方、「こんな商品があったらいいな」ということまで、ママ達に、楽しく&熱く語っていただきました。

肌にやさしい赤ちゃん専用の石けんを使いたい

2回開催された「キューピー ベビーシリーズ」座談会。第1回目の座談会では、0才~3才の子どもを持つ8人のママが集まり、たくさんの種類がある赤ちゃん用ボディソープそれぞれのイメージや使い心地、お風呂タイムは子どもにどんなソープやシャンプーを使っているか、入浴剤の使い方やお風呂上がりのスキンケアはどのようにしているかなどについて、話し合いました。
後半は、牛乳石鹸の「キューピー ベビーシリーズ」のシャンプーやボディソープの新製品を企画するにあたり、「香りはついていたほうがいい?」「パッケージはどんなものがいい?」などをテーマに、ママ目線の本音トークで盛り上がりました。

2回目の座談会には、会場である中央区新場橋区民館に、0才~3才の子どもを持つ4人のママが集まりました。ママといっしょに会場にやってきた子ども達は、別室に移動しビデオを見たりお絵描きをしたり。子どもと離れたママ達は、隣の部屋で座談会に臨みます。司会は、牛乳石鹸マーケティング部の大平さん。「お子さんの日ごろのスキンケアについて思うことや使っている商品のことなどについて、何でも気軽にお話しくださいね」。
最初に皆で、さまざまなメーカーの赤ちゃん用ソープを見比べ、イメージや実際の使い心地についてのフリートークを行ったあと、赤ちゃんのスキンケアグッズの選び方やお風呂タイムについて話し合いました。
「お店で赤ちゃん用ソープを最終的に選ぶときのポイントは?」の質問に、
「やっぱり値段かなあ。安いものに手が伸びますね」
「だれもが知っているようなメジャーな商品だと、安心感があります」
「海外のものよりも、日本製のほうが肌にやさしい感じがするので、子どものものは日本製を選びます」などの声が聞かれました。

次の「お風呂タイムで困っていることは?」という質問には、
「子どもが眠くなるとシャンプーをいやがったり、お風呂場でじっとしていないのが悩みの種。体を動かしてシャンプーが目や口に入ってしまった時は、すばやくシャワーをかけてなんとかしのいでいます」
「子どもがふたりいて、さっと体や頭を洗ってあげてから自分も体も洗わないといけないので、お風呂タイムはリラックスタイムというより時間との戦い。日々義務感で入っている感じです」(笑)
「子どもが眠くなる前にお風呂に入れてあげたいので、子どもの生活リズムにあわせてお風呂に入れるのが大変ですね」
などの声が聞かれました。小さい子を育てているママとって、お風呂タイムはやはり、自分よりも子ども優先。子どもの体を毎日きれいにして気持ちよくさせてあげたい、つるつるのお肌を保ってあげたいと、日々がんばっています。ママのわが子への愛情が、「肌にやさしい赤ちゃん専用のソープを選びたい」という気持ちにつながっているのですね。

泡がふわふわで気持ちよく、パッケージもかわいい♪

こんなママ達がモニター体験したのが、牛乳石鹸の「キューピー ベビーシリーズ」。赤ちゃんの皮膚の厚さは大人に比べて薄いため、刺激に対して敏感。“うるおいを守る”ことが、お肌をすこやかな状態に保つために大切なのです。
「キューピー ベビーシリーズ」のキューピー全身ベビーソープは、泡立て不要の便利な泡タイプ。お肌のうるおいを守る天然スクラワンが配合され、乾燥からくるかゆみもやさしくケアしてくれるのが特徴です。実際に使ってみた感想を聞いてみると……。
「泡がふわふわしていてすごく気持ちよかったです」
「泡がなめらかで、子どもの肌にすっとなじんでいく感じがして気に入っています」と、皆さんソープの泡立ちに大満足の様子。
ベビーせっけんの香りについても、
「やさしい香りでリラックスできました」
「石けんと同じ香りでなつかしい感じ。肌にすっとなじんでいく感じで好印象でした」という声が。
「キューピー ベビーシリーズ」の中でもロングセラー商品といえば、キューピーベビーせっけん固形タイプ。天然のうるおい成分がほど良く含まれる、昔ながらの「釜だき製法」で製造されています。
「うちの子は皮膚科の先生にアトピーといわれたことがあるんです。ネットでいろいろ調べてみると、体を洗うときは石けんを使ったほうがいいということで、ふだんからベビーせっけん固形タイプを使っています。洗うときに泡立てるのがちょっと面倒だけど、子どもの肌に合っているようです」
「どこかなつかしい、やさしい香りが好きです」など、こちらも根強い人気でした。
泡立て不要の便利な泡タイプで、地肌の皮脂をとりすぎず、やさしく洗い上げるキューピーベビーシャンプーは、
「泡がきめ細かくて洗いやすかったです」
「髪がからまりにくく、さらさらになりまし」との声が。
ベビー用シャンプーを使い始める時期については、「赤ちゃん時代は全身ソープを使っていましたが、髪の毛がのびてきてからまったりし始める3才くらいから、ベビー用シャンプーを使い始めています」という声に、皆さん大きくうなずいていました。

そのほか、パッケージについは
「ピンクのパッケージがパステル調でかわいい!」
「パッケージに描かれたキューピーちゃんがかわいい!」
「キューピーちゃんは、赤ちゃんのイメージ。ずっと前からなじみがあるので安心感がありますね」
「パッケージとは関係ないのですが、全身ソープのポンプがあまり力を入れずに押すことができるのがいいなと思いました。お風呂のとき、子どもが夢中でポンプを押してしまうのですぐになくなってしまうのですが(笑)、自分で体を洗うとういうことに興味を持ってくれたのでよかったです」という声も聞かれました。

香り、見た目。こんな商品あったらいいな

赤ちゃんのスキンケアに対する感度が高いママたちも大絶賛の「キューピー ベビーソープシリーズ」。
最後に、「こんなスキンケアグッズがあったら」をテーマに話し合いました。
まず、“香り”って、あったほうがいい?
「これまではないほうが好きだったんですけど、子どもが香りつきのシャンプーをすごく喜んで……。夏場は子どもも汗くさくなるので(笑)夏場は香りつきのものを使うのもいいかな」(笑)
「強い香りでなくやさしい香りだったらいいですね」
「天然ハーブとかアロマ、無添加、無香料という言葉を聞くと、安心します」
「香りって興味あるけど、実際に使ってみないとわからないので、お店などでテスターがあればいいですね」などの声が聞かれました。

“見た目”はどんなものがいい?
「パッケージデザインって大事ですよね。『うるおい』とか大きく書いてあったりすると、子どもの肌にも安心かなと思います」
「カラフルな色合いで、パッケージにかわいい動物とか描いてあると,思わず手がのびちゃいそう」
「キュピー ベビーソープシリーズも、キューピーちゃんの形をしたボトルにしたらかわいいと思います」(笑)。

「ここが気に入りました」「あったらいいな」など、ママ達の率直な意見が集結した今回の座談会。皆で自由に意見を出し合い、最後まで大いに盛り上がりました。子どものスキンケアグッズについてのママ達の関心の高さが改めて感じられた、楽しく有意義な会となりました。