リトル・ママフェスタ

掲載日:2013年2月1日

「リトル・ママ フェスタ 2013・春 in Tokyo with チルドリン*ママまつり」今年は、私たちが盛り上げます!!

「リトル・ママ フェスタ 2013・春 in Tokyo with チルドリン*ママまつり」今年は、私たちが盛り上げます!!

昨年、初開催にして大盛況だった「リトル・ママフェスタin Tokyo with チルドリン*ママまつり」が…3月21日(木)、お台場・日航ホテル東京に、グレードアップして帰ってきます!

今年は、「ママたちがもっと喜び、楽しめるコンテンツを!」と都内近郊のママサークルリーダーさんたちが実行委員として企画の段階から携わり、盛り上げてくれています。
メンバーは、昨年に引き続き実行委員長のHimemama坂上さんを筆頭に、墨田区・キラキラママの会渡辺さん、さいたま市・スマイルコム芳川さん、自由ヶ丘ママの会宮城さん、NPO法人子育てパレット飯田さんらで構成。毎回、白熱した意見が飛び交う実行委員会。現役ママである実行委員の思いが溢れます。

子連れママが安心してフェスタに来場いただくために…

小さい子を抱えて外出する、それだけでママは大変。どうすれば効率よく、スムーズに会場に来ることができるのか?ミルクのお湯はあるかな?オムツ替えスペースはどこにあるのだろう?ベビーカー置き場は十分にあるのかな?など子連れママにとっては重要ポイントです。「事前案内には、居住エリアごとに会場アクセス方法や乗換え案内を記載しては?」「会場には、これだけの授乳・オムツ替えスペースがあるよと安心させてあげる」など…できるだけ前もってアピールし、ママたちの不安材料をひとつでも多く安心に変えるために様々な意見が出されました。

じっくり、ゆっくりフェスタを楽しんでいただくために…

今回もママたちに少しでも喜んでもらいたい!と、企業やスキルママのブースが多数出展します。来場いただいたママたちには、一つひとつのブースはもちろん、思う存分フェスタを楽しんでいただきたい…そのためには「休憩スペースは多めに取ってお子さんに軽食を提供する場があったらいいね」、「おみやげやサンプルで荷物が多くなるからホテルのクロークに預けられるといいよね」、「会場から荷物が発送できたら嬉しい」、などなど細かい部分のフォローまで話し合われました。

お台場に足を運ぶ価値あり!期待を裏切らない目玉企画★

そして、やはりフェスタの“肝”ともいえるのが目玉企画。日常から企画慣れしているママたちに十分満足してもらうためには?リーダーママ達からは、いろいろな視点からアイデアが出されます。また、出されたアイデアをより充実した内容で提供できるスタイルを検討しています。地域密着の食べ物企画、最近子育てスキルで注目を浴びている著名人のトークショー、お子さまを使った話題のアート企画、豪華賞品が当たるスタンプラリー抽選会など、お楽しみ企画盛りだくさん。更には、100名のサークルリーダーと企業が集う史上最大規模のオフ会も実施。今、子育てに対する国の動きも様々な立場の人が同じ目的を持って協力するスタイルにシフトチェンジしているので、今回のオフ会は先駆けになるかもしれません。地域・ジャンルを超えてつながり、活動の幅を広げませんか?

ママたちのことになると、ついついヒートアップしてしまう実行委員のみなさん。フェスタに参加することでママ自身が元気になり、子育ての活力になってもらえるようにと知恵やアイデアを出し切っていますよ。乞うご期待!

リトル・ママフェスタ

バックナンバー