• Home
  • あずける
  • 見て触れる直接体験で、知識ではない学びを 「日生東日本橋保育園ひびき」

あずける

掲載日:2016年02月15日

見て触れる直接体験で、知識ではない学びを
「日生東日本橋保育園ひびき」

編集部おすすめ

2014年4月に開園した日生東日本橋保育園ひびきは、「個性をまるごと受け入れて信頼感・安心感を獲得させること」を目標とする温かな雰囲気の園。なかでも藤本喜代美園長が大切にしているのが「直接体験」で、実際に目で見て触れることで知識ではない“学び”を経験してほしいと様々な取り組みを行っています。
その一つである「体操教室」は、プロ指導員によるレベルの高いプログラム。1才から各年齢ごとに異なる内容で、一見遊びのように見えて緻密に計算されたトレーニングを実施。例えば“走る”というテーマなら、ふわりと飛ばしたビニール袋を走ってキャッチするだけで、基本的な走りのフォームやスタートダッシュの練習になっています。毎週火曜日、又は雨の日は、跳び箱・マット運動・ループ遊び・雑巾がけなど次々にこなして回る「運動ローテーション」を幼児クラスで取り入れています。都心の保育園ながら体も心もバランスよく育む同園は、働くパパ・ママの心強いサポート役です。

★TOPIC★
「命をあずかる」同保育園の活動に、東京消防庁が「救命講習受講優良証」を贈呈しました!

2016年6月28日、日生東日本橋保育園ひびきは、日本橋消防署、永山署長より、「救急講習受講優良証」の交付を受けました。
職員全員が「普通救急救命」の有資格者であり、園長先生自身も「応急手当普及員」の肩書を持っている同園。「命をあずかる」施設である保育園の立場から、子どもたち、そして地域への貢献に向けて努力を続ける姿勢が評価された結果の受賞です。
この日は「救急講習受講優良証」の額とステッカー、ピンバッヂが、東京消防庁から同園の藤本園長先生に直接手渡されました。優良証の贈呈を受け、藤本園長先生は次のように語ってくれました。
「現在、私たちの園がある地域では、救急車の到着まで8分かかると言われています。その間にできることはたくさんあるはず。救急救命についてはガイドラインもスタッフ全員で共有し、最新の情報で迅速な対応ができるよう、日々つとめています。
何より、保育園は“社会資源”です。園児や保護者の皆さんはもちろん、おじいちゃん、おばあちゃん、近隣の方などともつながりあいながら、地域のお手伝いができればと、常に考えています」
中央区では初めてとなる、今回の「救命講習受講優良証」贈呈。これを一つのステップとして、日生東日本橋保育園ひびきは、今後も地域のよりどころとしての活動を広げていくことでしょう。

<取材日:1970/01/01 取材:元井朋子>

詳細情報

  • ■所在地:東京都中央区東日本橋1-5-13 セイワ東日本橋ビル
  • ■問い合わせ先:
    住所:東京都中央区東日本橋1-5-13 セイワ東日本橋ビル
    TEL:03-5829-8581
    FAX:03-5829-8685
  • ■URL:http://www.jlsri.co.jp/service/hoiku/higashinihonbashi/index.html
  • ■アクセス:都営浅草線東日本橋駅徒歩2分 都営新宿線馬喰横山徒歩3分 総武快速線馬喰町徒歩5分
  • ■保育時間:7:30~18:30
  • ■延長保育:18:30~19:30
  • ■休園日:日曜・祝祭日・年末年始 (12月29日~1月3日)
  • ■園長先生のお名前:藤本喜代美

※情報は取材時のものです。最新の情報とは異なる可能性がございます。

カテゴリ

エリア

エリア選択 市区町村

路線

分類 路線

フリーワード