トップ > ママの知っ得特集 > YOMEちゃん直伝!『さめてもオイシイ!子どものお弁当レシピ』大盛況!

YOMEちゃん直伝!『さめてもオイシイ!子どものお弁当レシピ』大盛況!

9月14日(月)新宿にある辻クッキングスクール新宿小田急校にて、『さめてもオイシイ!子どものお弁当レシピ』が開催されました。抽選にあたったラッキーなママたちが、早くから会場に続々集結!おいしくて、楽しくて、ためになったイベントの模様を、むなぽんがレポートします!

始まる前から熱気がむんむん!

ママ同士ってすぐ友達になれちゃう!
イベント開始前から、ママ達は、ワクワクオーラむんむん。同じテーブルにすわったのは、知らないママ同士のはずなのに、テーブルに座る席を地域ごとに分けたせいでしょうか、とっても和気あいあい。「人気ブロガーYOMEちゃんに会える!」ことと「託児もしたわ、これからママだけの時間よっ!」そんな開放感も、ママ達を浮き立たせていたのかもしれません。

YOMEちゃんは、料理のうまいママ友って感じ!

まずは、日の出みりんさんの挨拶のあと、YOMEちゃんのデモンストレーションです。
ほんわかとあたたかい雰囲気のYOMEちゃんです!
「YOMEちゃんの温かい人柄に触れて、今日は楽しんでください」日の出みりんさんの挨拶
リトル・ママ森社長もご挨拶。「また楽しい企画を作っていきたいです!」 「まあ、すてきな社長さん!」と思っているのかいないのか。
今日のお料理は、電子レンジクッキー、お鍋ひとつのハーブパスタ、スタッフドチキン、鮭の味噌マヨ焼きの4点。ちょっと難しそうなのは、スタッフドチキンでしょうか。手羽先の骨を抜き、袋状にするところにコツがいりそうです…。ママたちは真剣な表情でメモを取ります。
「なになに?真ん中の骨は切る…!?」 わかりやすく説明してくれるYOMEちゃん 手際よく袋状の肉に具を詰めていきます
ママ達にYOMEちゃんの料理の魅力を聞いてみると、「料理は、いつも冷蔵庫にあるような食材で簡単に作ることができ、しかもちょっとおしゃれ」とのこと。毎日ブログを見ているファンも多いようです。

しかし人気の秘密は、料理だけではありません。お話ぶりは、とっても気さくで親しみやすい雰囲気。

「YOMEちゃんのブログを読むと、『私だけが大変なんじゃない!よし。私も子育てがんばろう』と思えます!」と言っていたママがいました。子育てで悩んだり、うれしいこともあったりしながら、家族を大切にしているYOMEちゃんの等身大の姿が共感を呼ぶのでしょう。

「幼稚園のお弁当作りって最初は楽しみでしたけれど、毎日となると実際大変ですよね〜」といった話には、ママ達も大きくうなずいていました。

みりんは、洋風の料理にも使える!

デモンストレーションの中では、みりんや料理酒についてのお話もありました。みなさんは、みりんの力って知っていますか?みりんには、おいしさとうまみを逃さない力があるそう。料理の基本として「さしすせそ」の順に調味料を入れるということはよく知られていますが、「さしすせそ」の前には、味を引き出す「酒」、「さしすせそ」のあとには、おいしさを閉じ込めるみりんを入れると、料理がおいしくなるそうです。また、「みりんをなめてみてその味を知っておくと、その味と砂糖で調整しながら、我が家の味を作っていきやすいですよ」といったアドバイスもありました。
「え?なめてみる?」「わ!本当だ。おいしい!」
「こうすると簡単ですよ!」やさしくて気さくなYOMEちゃん。
今日の料理は、どれも洋風なのに「甘みをアップする」、「肉に塗って照りを出す」、「味に深みを出す」、「おいしさをギュッと閉じ込める」といったさまざまな使い方で、どの料理にもみりんが使われていました。クッキーの種をまとめる際に手がベタベタするときにはみりんを手につけるという使い方にはむなぽんもびっくり。ほんのり甘みもプラスされて、おいしいレンジクッキーがあっという間にできました。

お料理は、どれも簡単で、その上、バリエーションがつけやすく、ひとつポイントを聞いておけば、イタリアンにも中華にも応用ができそうなのもうれしいメニューでした。

いざ、骨抜きのワザ、伝授!

説明のあとは、実習です。手羽先の骨を抜く作業に、ママたちは奮闘していましたが、YOMEちゃんが、ひとつずつテーブルを回ってみてくれ、骨抜きのワザを伝授。コツをつかむと「あ、楽しいかも!」「やみつきになりそうかも!」とうれしそうにママ達も次々とクリアしていました。

また、ママ達の「みりんと砂糖のカロリーはどのくらい違いますか?」「ブロッコリーは、どのタイミングで入れたら?」といったこまかい質問に、YOMEちゃんがとても丁寧に答えている姿が印象的でした。(注:みりんと砂糖のカロリーの違いについては、みりん1gは2.2kcal であるのに対し、砂糖1gは4kcal。みりんってヘルシーなんですね!)
こわごわ、骨抜きに挑戦!

ご馳走いっぱい、笑顔もいっぱい

うずらの卵で、笑顔製作中のYOMEちゃん
どのテーブルも無事料理が出来上がり、いよいよ試食タイム!
試食タイムには、YOMEちゃんがうずらの卵を使って、うまく笑顔を描くコツを披露してくれました。ママ達のお弁当テクニックにますます磨きがかかりそうです。
フワ サクッの電子レンジクッキー、とっても簡単でトローリクリーミーなお鍋ひとつのハーブパスタ、イチオシ!骨なしスタッフドチキン、ゴマの風味たっぷりの鮭の味噌マヨ焼き。どれもおいしく、ママ達は「これなら家で簡単に作れそう!」「野菜がたっぷり摂れてうれしい!」と大皿たっぷりに盛られたご馳走に舌鼓を打っていました。

→詳しいレシピはコチラ
盛りだくさんのご馳走!

みりんは女性の味方なんだ!

本みりんや料理酒について、わかりやすくお話をしてくださった日の出みりんの須永さん

新味料・本みりん・料理酒はあとでお土産として参加者に配られました
さらに、日の出みりんの須永さんからは、みりん風調味料と本みりんの違いや、料理酒についてのお話がありました。みりん風調味料は、伝統的なみりんの働きを追求しながら、より調味効果を高めた甘味調味料。アルコール分が1%未満なので、赤ちゃんのいる家庭であれば、こちらのほうがおすすめとか。本みりんを使う場合はしっかりと煮切る必要があるとのことです。

昔、男性がお酒を飲む一方、女性が飲むのがみりんだったとか。ほんのり甘いみりんが嗜好品として女性に飲まれていたとは…。「へえ!」とママ達も思わず顔を見合わせて目をパチクリ。

お料理をいっしょに作り、いっしょに食べ、笑ったり、驚いたりしながらのあっと言う間の3時間。お料理の楽しさもさることながら、みりんの奥深さにも触れることのできたイベントとなりました。 
(取材・撮影・文・宗像陽子)
前のページに戻る