サークル

掲載日:2010年05月30日

東大生と育児を語る(Kamali'i'akeu)足立区梅田

編集部おすすめ

東大生の立場から考える 育児や教育とは?

 「学問だけではなく、草の根でアクションを起こしたい」と始めた学生サークル"東大MUSASHI"。教育ママの意見を聞いてみたいと始めた「東大生vs
教育ママ」の座談会は、今日で3回目です。その間に、より活発で有意義な論議ができるように形を変え、現在のような育児を語る形になりました。今回は足立
区のママサークル「Kamali'i'akeu(カマリィ・アケウ)」とタッグを組み開催です。

 座談会は、子どもの年齢や働くママなどで分かれ、各グループに学生が2名ずつ入ります。育児や教育について、様々な話題が飛び交う中、ママ達が驚いていた
のは、学生の方々が充実した高校生活を送っていたこと。受験に向けて、日々勉強だけをするのではなく、「部活も両立した」、「学校の勉強だけを確実にし
た」など、参考になる意見がたくさん!他にも、流行の早期教育や英語教育や、授業の受け方や塾の活用法など、子どもの年齢によって様々な話題と相談が語ら
れました。

 一方、学生からは育児に対する質問も聞かれ、ワーキングママが、現在の育児環境を切実に語ると、学生達は熱心に耳を傾けていました。最後には、学生が子ど
もを抱っこして、子ども達との交流も深めていました。普段は接点のない学生とママだからこそ、良い刺激を受け合える素敵な時間だったようです。

<取材:友野円(ユウ)>

詳細情報

  • ■発足年月日:2009年12月1日
  • ■対象者:子どもがいる方ならどなたでも
  • ■活動場所:都内各地
  • ■沿線:東武伊勢崎線
  • ■最寄り駅:梅島
  • ■活動日:不定期
  • ■主な内容:大学生とママが、育児について話し合います。育児や教育についての小さな疑問や悩みから、育児環境などの社会問題まで、色々な事を気軽にお話ししましょう。
  • ■代表者名:立石亮
  • ■問合せ先:東大MUSASHI
  • E-mail:ryo.tateishi@gmail.com

※情報は取材時のものです。最新の情報とは異なる可能性がございます。

ひとこと

東大MUSASHI代表 立石亮さん

大学生とママの意外な組み合わせで、子育てについてゆるく、楽しく語りましょう。

カテゴリ

対象

エリア

エリア選択 市区町村

路線

分類 路線

フリーワード