サークル

掲載日:2012年05月15日

新宿おもちゃの図書館「あいじえん」新宿区西早稲田

編集部おすすめ

障害があってもなくても みんなおもちゃ大好き!

 新宿区にある医療型児童発達支援センター「中央愛児園」。0才から6才までの脳性マヒやダウン症など、精神発達や運動発達に遅れがある子どもたちにリハビリ訓練や生活指導を行う施設です。ここで月に2回、『新宿おもちゃの図書館「あいじえん」』がオープンし、障害のあるなしに関わらず、子どもたちがおもちゃで楽しく遊んでいます。

 『おもちゃ図書館』は、障害のある子どもとその親同士が交流できる場として1981年の5月に東京の三鷹市でスタートし、今では全国各地でボランティア活動として開催されています。おもちゃ図書館はその名の通り"おもちゃの図書館"。たくさんのおもちゃで遊んで、お気に入りを見つけたら無料で貸し出しを行っています。「無条件に子どもが遊べる場所、親がほっと一息つける場所として開放しています」とは、小児科医で中央愛児園の元園長、現在はあいじえん代表でもある峯島紀子さん。用意されたおもちゃは人形やプラレール、パズル、おままごとセットなど、豊富なおもちゃが揃い、中央愛児園の先生による手遊びや紙芝居もお楽しみのひとつです。
 「専門スタッフや子育て経験のあるボランティアがたくさんいます。情報交換の場、お友だち作りの場として気軽に立ち寄ってください」(峯島さん)。地域全体で子育てを応援する『新宿おもちゃの図書館「あいじえん」』で、笑顔と元気をもらいましょう!

<取材:片桐理恵>

詳細情報

  • ■発足年月日:昭和59年8月29日
  • ■対象者:障害をもつ子どもと兄弟や友だち、親や祖父母。障害のない子どもは3才のお誕生日まで利用できます。
  • ■活動場所:全国心身障害児福祉財団1階 中央愛児園内
    住所:新宿区西早稲田2-2-8
    TEL:03-3203-1285
  • ■沿線:東西線、副都心線
  • ■最寄り駅:早稲田 西早稲田
  • ■活動日:毎月第2、第4月曜日の13:00~15:00
    ※祝日の場合は休館
  • ■会費:参加費、おもちゃの貸し出し料ともに無料
  • ■主な内容:おもちゃで遊びながら地域交流を行います。おもちゃの貸し出しは1回につき2点、障害のないお子さんは1点まで。返却は2週間以内(次回の開催日)。
  • ■代表者名:峯島紀子
  • ■問合せ先:おもちゃの図書館「あいじえん」
  • HP:http://www.shougaiji-zaidan.or.jp/index.html
  • HP2:http://www.toylib.or.jp/renrakukai/

※情報は取材時のものです。最新の情報とは異なる可能性がございます。

ひとこと

クオリティの高い手作り布絵本も充実しています。

「子育てで気になることがあれば、私やボランティアさんたちに相談してくさいね」(峯島さん)

カテゴリ

対象

エリア

エリア選択 市区町村

路線

分類 路線

フリーワード