サークル

掲載日:2012年12月17日

関のボロ市練馬区関町北

編集部おすすめ

冬の風物詩・ボロ市でお気に入りのお店探し

「関のボロ市」は、毎年、12月9日と10日の2日間、西武新宿線武蔵関駅の北口にある日蓮宗のお寺・本立寺のお会式とともに開かれる、"蚤の市"のような伝統行事です。

 始まったのは、江戸時代の中期。当時は、骨董品や衣料品、古着を作るためのボロ布などを扱う露店がずらりと並んだことから「ボロ市」の名前がついたそうですが、最近では、わたあめやタコ焼き、焼きそばなど、いわゆる"縁日"に並ぶような露店がかなり多くなってきました。その数、およそ300軒! 練馬の冬の風物詩として親しまれ、毎年約8万人の人出で賑わっています。食べ物やさんだけでなく、スーパーボールすくいやくじ、宝石つかみなど、小さい子でも気軽に楽しめる露店もたくさんあるので、親子でお散歩ついでに訪れるのがおすすめ♪ 夜の時間帯は混雑するので、ベビーカーのママは,昼どきがねらい目です。
 毎年、9日の夜には、万灯行列が行われます。長い傘に花飾りと電飾がついた花万灯やまとい、鐘、太鼓を持ったはっぴ姿の行列や、日蓮宗の代表檀徒、一般参加者などが、武蔵関駅から本立寺まで約1キロメートルを練り歩きます。華やかなこの行列も、ボロ市の見どころのひとつ。寒い冬を盛り上げる武蔵関の伝統行事、覚えていてくださいね♪

<取材:金田智子>

詳細情報

  • ■活動場所:本立寺周辺
    住所:練馬区関町北4-16-3
  • ■沿線:西武新宿線
  • ■最寄り駅:武蔵関
  • ■活動日:毎年12月9日、10日の2日間
  • ■主な内容:本立寺周辺に数々の露店が並び、飲食やゲームが楽しめます。毎年、12月9日夜には、万灯行列が行われます。
  • ■問合せ先:本立寺
  • 住所:練馬区関町北4-16-3
  • TEL:03-3920-1384

※情報は取材時のものです。最新の情報とは異なる可能性がございます。

ひとこと

ちびっこが大好きなおめん屋さんも登場。りんごアメやわたあめ屋さんも人気。

270年の伝統と関町を愛する人々が受け継いできたボロ市、親子で楽しんでください。

カテゴリ

対象

エリア

エリア選択 市区町村

路線

分類 路線

フリーワード