キラキラママ対談

掲載日:2011年12月01日

会社経営と子育ては同じだ!?

子育ても大変なら、社長も大変!両方こなしている人って、どんなスーパーマン?今回の社長対談のお相手は、子育てをしながら社長業もこなすママです。どんなオハナシが飛び出すやら…。わくわくです。

高沖清乃(たかおききよの)さん

高沖清乃(たかおききよの)さん

妊娠にまつわる身体や赤ちゃんの情報をすべて網羅した情報誌&ウェブサイト「ニンプス」編集長。
株式会社ポーラスタァ代表取締役社長。事実婚のパートナーと3才と0才の男子のママ。

働く妊婦のための情報誌&サイト「ニンプス」

すっかり意気投合!の社長対談
すっかり意気投合!の社長対談

こんにちは。今日は、以前からとても気になる存在だった高沖さんと対談できて光栄です。

高沖(以下、高)こちらこそ!今日はよろしくお願いします!

さて、早速ですが、読者のターゲットを「妊婦」というとても生涯の中でも短い時期に合わせたのって、結構リスキーだと思うのですが、どうしてですか?

ずっと編集職には携わっていましたが、第1子を妊娠してみたら、働く女性のための情報ってまるでないことに気がついたんです。

そう?

たとえば「コーヒーは控えましょう」とか「手作りのご飯を食べましょう」とか「疲れたら休みましょう」とか、それって、働くママには無理なことばかり。

そういえば、そうですね。それで、働く妊婦のためのwebを作っちゃったんですか?

働く女性ならではの妊娠期のお悩みとか不安とか楽しみとか、あるはずだと思いまして。

そして、第1子の妊娠と同時に作り始めたと。やっぱパワフル。

妊娠期間にニンプスを作り、ニンプスのリリースをだしたのが9月20日。子どもが誕生したのが9月30日。

おお。すごい…。まさにニンプスとお子さんは双子関係ですね。その後は雑誌も創刊。こちらは、妊婦に起こるすべてが凝縮されている雑誌ですね。

はい。網羅されていますよ。

子育てと会社経営は、似ている!?

苦しいこともあるけど愛おしいんですよね
「苦しいこともあるけど愛おしいんですよね」

「子育てと会社経営は似ている」という名言を吐いたと聞いていますが。

自分としては、世の中の役に立てるようにできる限りのことをして育てたいと思っているところが、会社も子どもも同じ。

はい。そうですね。

ところがなかなか思うようにならず、目を離すとすぐに曲がってしまう(笑)。

なるほど(笑)。子どもも会社も…。その通りですよね。

とはいえ、父母(経営者)以外にもたくさんの人に支えられて大きくなる。

本当だ~。反面、良くない共通点もありますか?

つい自分のモノと勘違いしてしまいそうになるけれど、そうではない。

うーん。全くだ(笑)。僕の場合は、福岡と東京とふたつ会社があるので、子ども二人のような感じ。

そこも同じかしら。

最初の子はいろいろ気になっちゃってつい過保護に。下の子は自立心旺盛で…(笑)。

そうかー。そうかもしれないですね。最初の子はいろいろわからなくて困って、泣かされちゃったもの。

時間と作業量は比例しない

さて、子育てと社長業の両立は、一筋縄ではいかないと思いますが…。

妊娠中は20%くらいしか体も頭も回転しない感じ。生まれてからは子どもはかわいいし、やらなくちゃならないことは次から次へ出てくるし。

ママの時間管理のすごさには感動ですよ
「ママの時間管理のすごさには感動ですよ」

今はどんな生活ですか。

5時には帰って、子どもをお迎えに行ってますよ。

お。意外と人間的。

だんだんそうなってきましたね。夜中まで仕事をしていたけれど、少しずつ働く時間を短くしていきました。

できるものなんですね。

それができるんですよ。時間と作業量は比例しないんだということを知りました。

リトル・ママもママ社員が多いけれど、みんな時間の使い方がウマイんですよ。

そうでしょ。どんどん無駄を省きますから(笑)。

自分を大切にすると、うまく物事が回っていく

子育ても仕事も楽しくやって行きたいです
「子育ても仕事も楽しくやって行きたいですね」

では世の中の迷えるママさんたちに言いたいことは?

「自分を大切に」「細かいことは見なかったことに」「子育ては一瞬」の3つを伝えたいかな。

やりたいことがありすぎて、回らないってことがありがちですよね。ママたちは。

そうですね、そんなときは、自分を大事にして自分に軸を置くとだんだん回り始める気がします。

ところで、お子はどんどん大きくなるけれど、ニンプスはずっと続けたいのですか。

そうですね。

ニンプスの存在意義は?

今って、「妊娠した」とわかったときに、100%うれしい感情だけではない人が多いと思うんです。

え?衝撃的発言!どういうことですか?

「どうしよう…」とか「今は困る!」と思う人が案外半分くらいはいるのではないかな。

あ~。そうかも!

でも、ニンプスを読むうちに、だんだん「ママも悪くないかな」って思ってくれるとうれしいかなと思っています。

そして子どもが生まれたら、リトル・ママに遊びに来て「子育ても案外楽しいや」って思ってくれれば、僕もうれしいですね。今日はありがとうございました。

森 光太郎のひとこと

高沖さんには、「いかに子育てをしながら楽しく働くか」ということをずっと実証していって、オピニオンリーダーとなってほしいですね。今日は同志と語っているような楽しい時間でした。ありがとうございました。