キラキラママ対談

掲載日:2011年08月01日

フルタイムでも子育てを楽しもう!


キラキラ美和とタジタジ光太郎

毎回キラキラ輝くママと森 光太郎が対談するこのコーナー。
今回ご紹介するのは、ワーキングマザーの中でもひときわ輝く山口美和さん。
六本木ヒルズの待ち合わせ場所に颯爽と現れた美和さんは、背筋もピ!ヒールカツカツ!
3歩歩いてイスに座ったときには、5つほど仕事を終えているんじゃないかと思われるほどまさにできる女オーラビシバシ!
キラキラ美和とタジタジ光太郎対談となったのでした。

山口美和さん

証券会社にフルタイムで勤務。
2011年1月 ワーキングマザーブログで1位になる。
Miwaのブログ
Miley(マイリー)
家族は、ご主人と、4才の未真ちゃん。

スーパースケジュールは将来のため?

こんにちは!森です。さっそくですが、4才のお子さんを育てながら、証券会社にお勤め。さらにスーパーブロガー。さらにさらに、ネットショップまで経営なさっているとか…?本当ですか?

はい(笑)。本当です。

どうやってこなしているんですか。

毎朝4時に起きてます。

よ、4時ですか…。はやっ!

でも、夜は11時には子どもといっしょに寝るようにしているので、5時間の睡眠時間は確保できているんですよ。

はあ。1日のスケジュールを教えていただけますか。

早朝にスカイプを使って、海外と英会話レッスン、静かでいいですよ。オススメです。

はあ。おすすめと言われましても(汗)。

それからショップの配送業務をしたり、ブログをアップしたり。時間があけばお風呂で半身浴など…。

充実していますねえ。1ミリの無駄もない…。


今は将来のための土台作りです!

確かに、子どもができてから、短時間でいろいろこなすのは得意になりました。

どれかひとつでも十分大変だと思うのですが、フルタイム、ネットショップ、ブロガーとどれもがんばっていらっしゃるのは、なぜ?とっても素朴な疑問です。

子どもが大きくなってくると、今の会社で同じように働くことは難しいと思うんです。

ふむふむ。

娘はあと2年で小学生になるので、それまでに家で仕事ができるように今土台を作っているわけです。

すごい!もしかしてブロガーもその一環ですか?

そうですよ。商品が売れるためにはブログでどうやったらいいのか、日々実験です。

すべて将来のための伏線だったんですね。

「うれしい」「楽しい」「笑う」を増やす子育て

でもそんなに忙しくて子育てできるの?って失礼な聞き方?

8時に帰ってからは、11時にいっしょに寝るまでべったりいっしょですよ。

美和さんにとって、お子さんはどんな存在ですか?

すべての源。彼女に学ぶべきこともたくさんあるし、伝授しなければいけないこともたくさん!


ママがハッピーなら
子どももハッピーですよ

お互いに欠かせない存在ですね。

そうですね。

働きながら子育てをする上で、とくに気をつけていることはありますか。

なるべく楽しいことをいっしょにやって、「さびしい」とか「つらい」とか「悲しい」という形容詞を「うれしい」「楽しい」といった形容詞に変えてあげたいと思っています。

楽しいって、たとえばどんなこと?

子どもといっしょにパーティをしたり、お菓子を作ったり、おしゃれをすると、モチベが上がりますよね。

パーティはいつもいっしょですか?

(小声で)子どもが寝てから「2時間限定!」で大人だけのパーティをすることも(笑)。それでもママが楽しければ、きっと子どももうれしいだろうと…(笑)。

そう思います(笑)。

逆に、子どもから黄色信号が出たときに気づけるよう、常にアンテナは張っています。

何かエピソードはありますか。

主人も忙しくてなかなか家にはいられないんです。それで「どうしていつもパパはいないの?」と聞かれたことがあって。そのときは、主人に早めに帰ってもらって、いっしょに遊んでもらいました。夜の公園で遊ぶ父子ってちょっと怪しかったけれど。

「いつも楽しく」と「イエローカードにはすばやく対処」がキーワードですね。

はい(笑)!

がんばりすぎずがんばる

美和さんから、リトル・ママ読者のママたちにメッセージをお願いします。


六本木ヒルズのカフェで
ワークライフバランス談義は尽きない…

フルタイムで働くことにも主婦だけであることにも何かしらマイナスはあります。だから自分は何を中心に考えるか、軸を持つこと。主婦で完璧にしたいというなら、それはそれでわたしにはできないすごいこと。少しでも仕事をしたいなら、アフェリエイトなどで少しずつお金を得て、モチベーションをあげていくのもいいでしょう。自分はどうありたいのかをよく考えて、がんばりすぎずがんばることがいいのではないかなと思います。

子育てしながらだと、がんばりすぎると倒れちゃいますからね。

そうなんです。私はずっと楽しく笑っていたいと思います。

ありがとうございます。とても楽しくなってきました!

森 光太郎のひとこと

パワフル…。スーパーウーマンなのに、自然体でチャーミング。とても楽しく対談ができました。忙しい中でも将来のことをキチンと考えている姿勢に感心しました!脱帽ですっ!