対談・インタビュー

掲載日:2012年02月08日

「子どもは親を選んで生まれて来る!」驚きの胎内記憶対談

「子どもは親を選んで生まれて来る!」驚きの胎内記憶対談

「生まれてきた赤ちゃんに記憶がある」というお話、聞いたことがありませんか?生まれてくる前のこと、さらにはお腹に入る前のことまで覚えている子どもたちが実はいるのです。
胎内記憶研究の第一人者である産婦人科医の池川明先生。そしてママのお腹の中に入る前の記憶を、「いっぱい大好き」という曲にして自ら歌っている小学生シンガーソングライターの水谷ゆうちゃん。その2人の対談が今回実現しました。神秘的かつじ~んと心に沁みるお話をたくさん聞くことができましたよ♪

生まれる前の記憶たち

リトル・ママ(以下リトル):まず池川先生が胎内記憶を研究しようと思ったきっかけは何ですか?

池川:今から15年程前、ある教育者の方に「お産がもっと良くなれば、教育はもっと良くなる」言われたことがあるんですね。その時は意味が分からなかったけれど、子どもがお腹にいる時のお母さんの精神状態が、子どもの人生に大きい影響があることが分かってきたんです。

リトル:ママの気持ちを、良くも悪くも共有してしまうということでしょうか?

池川:はい。それで産後に健診に来るママさんたちに話を聞き始めたら、記憶を話す子どもが沢山いることが分かった。

リトル:初めて聞いた時は、驚かれたでしょうね。

池川:それはもう驚きました。たくさんの人に話を聞いているうちに、お腹に入る前の記憶もあることが分かって来た。私が「すごい発見だ!」と思って助産師さんに言ったら、「そうですよ、知らなかったんですか?」って逆に言われちゃった。

リトル:お医者さんが知らない“親子のヒミツ”があるんですね。では、ゆうちゃんの生まれる前の記憶のお話を教えてくれる?

ゆう:空の上にふわふわした綿菓子の上みたいな所で、沢山子どもたちがゆうと一緒にいたの。パパとママとお姉ちゃんが見えて、ママが一番可愛くて、いっぱい笑ってて優しそうだったから、女の神様に「ゆう、この人の子どもになりたい!」って頼んだんだ。

池川:僕が聞く話も、ふわふわの場所が良く出て来ますね。この神様は男だったり女だったりして、子どもたちの面倒を見る係みたいです。神様が食事の支度をするって言う子どももいましたよ。

ゆう:他の子にママをとられちゃったら嫌だから、たくさん順番待ちで並んでる子どもたちに無理やり横入りしちゃった。どうしてもママの子になりたかったから。そうしたら、神様にシャボン玉みたいな透明のものに入れられてママの所に下りて来られたの。

リトル:空の上からママが見えて、自分で選んでママの所に来たのね。

池川:自分の家族をチェックするために、こちらの世界を下見に来る子もいるんですよ。

生まれてからも影響する「お腹の中での経験」

リトル:この話をしたのは何才の時?

ゆう: 3才の時に突然話し始めたってママが言ってた。最初は信じてもらえなかったんだけどね。

池川:親に信じてもらえないケースも多いんです。子どもからすると悲しいですよ。もし子どもがこういった話をし始めたら、信じてゆっくり聞いてあげてほしいですね。

ゆう:お腹の中で喉が苦しかったのは、へその緒が首に巻きついてたからだって、後から教えてもらって分かったの。

池川:そうなんです。へその緒が巻きついてた子は、タートルネックやマフラーを嫌がる子が多いんですよ。苦しかった時の記憶があるからでしょうね。

リトル:ゆうちゃんは「ママを選んで生まれて来た」っていう記憶を歌にしたのね?

ゆう:ママへの誕生日プレゼントとして作ったの。「ママを選んできたから、優しくしてね」っていうメッセージも込めてあるんだ。お腹の中でママがかけてた音楽をずーっと聞いてたから、音楽も大好きになった。

リトル:こういう話は、産婦人科医の間では理解されているのでしょうか?

池川:私も積極的に話すようにしていますが、なかなか興味を持ってもらえないのが現状です。医者がこういった話をすること自体、かなり異端児的存在ですよ(笑)。

ママが知らない子どもの気持ち

ゆう:でも生まれてみたら、ママが怖くてビックリしちゃった。自分で選んだのが何かの間違いかと思っちゃうくらい。(苦笑)

リトル:ゆうちゃんの事が心配で、大切に思ってるからじゃない?

池川:でも、子どもにはそうは伝わらないんですよ。親は「子どものため」「躾だ」と思ってガミガミやりますけど、子どもにとったら「お前はいらない」っていう全否定のメッセージになっちゃう。

ゆう:そうそう!こんなに子どもの気持ちを分かってくれる人、初めて!池川先生は子どもの味方だね!

池川:ははは。生まれる前の記憶がある子どもは「ここに生まれて来たのは間違ったみたいだから、空へ帰るね」なんて言う子もいる。

リトル:じゃぁ、親は叱ったり怒ったりしない方が良いんでしょうか?

池川:叱るにしても「愛情」が子どもに伝わっていないといけませんね。

ゆう:怒られると、「折角ママを選んで来たのに」と悲しくなっちゃう。

池川:全ての子どもは親を選んで生まれて来ます。そう話すと「虐待をする親の所にも選んで来るのか?」と聞かれることがありますが、子どもは「そんな親を自分なら救えるかもしれない」とか「それも自分の修行だ」と思っているようです。

リトル:信じられないくらい献身的ですね。

池川:全ての子どもは、お母さんのことが大好きで、お母さんを幸せにしたくて生まれるんです!その気持ちが分かれば、子どもに対する思いが更に深くなるでしょう?僕はこれを全てのお母さんたちに知ってほしいですね。

リトル:では最後にママたちへのメッセージをお願いします。

ゆう:親に命令されると、自分の人生じゃないみたいに感じちゃう。だから、子どもの気持ちや意見は尊重してほしい。

池川:ママの笑顔が子どもにとって一番の幸せ!ママの笑った顔を、子どもに沢山見せてあげて下さい。

リトル:ママたちは子どもに選んでもらってママになれたんですね♪ そう思ったらもっともっと子どものことが愛しくなりました。今日はありがとうございました!
池川クリニック
池川明著書…子どもは親を選んで生まれて来る
池川明監修CD…胎話音楽~お母さんの暖かい心を感じる音楽

水谷ゆうオフィシャルブログ
水谷ゆうオフィシャルHP
水谷ゆうデビューシングル…『いっぱい大好き』
水谷ゆうデビューアルバム…『You』
(取材・写真/元井朋子)