対談・インタビュー

掲載日:2013年05月14日

日本中のママたちにベビーマッサージを伝えたい!チャイルド・ボディ・セラピスト 蛯原英里さん独占インタビュー☆

日本中のママたちにベビーマッサージを伝えたい!チャイルド・ボディ・セラピスト 蛯原英里さん独占インタビュー☆

子育てスキルとして再注目されている「ベビーマッサージ」。その火付け役である蛯原英里さんが、リトル・ママフェスタ東京のステージに登場!イベントの後、本誌の独占インタビューに答えてくださいました。

蛯原 英里(えびはら・えり)

蛯原 英里(えびはら・えり)

ena AMICE (エナ・アミーチェ)代表。
チャイルド・ボディ・セラピスト。
ベビーマッサージ、ベビーヨガレッチやママ向けエクササイズの講座などで幅広く活躍中!

看護師から「ベビマ」へ

―編集部蛯原さんがベビマの道に進んだきっかけは?

蛯原さん小さい頃、入院したことがあって、その経験から「看護師になりたい!」と思うようになりました。その夢が叶った後、NICU(新生児集中治療室)に6年間勤務したんですが、そこでタッチケアがもたらす赤ちゃんへの素晴らしい効果を実感したんです。この体験から、自然とベビーマッサージの道へ進むようになりました。

ママとの距離を近く

ベビマの魅力をママたちに伝える蛯原さん(フェスタのステージにて)

―編集部活動・クラスはどういった内容ですか?

蛯原さん私のベビーマッサージクラスのほとんどは、少人数対象。理由は、やり方や力の加減など、ママたちの手元をきちんと見守りたいからです。 また、なぜこういった手技なのか?という赤ちゃんの特長と照らし合わせた専門的効果などを一つひとつ丁寧に伝えたい。ベビーマッサージの本質をきちんと広めたいんです。

―編集部元看護師さんとしての、ひたむきな思いが隠されていますね。

ベビマで笑顔になろう!

―編集部活動を通しての、一番の喜びは?

蛯原さん一生懸命に育児しているママは、緊張した表情になっていることが多いんです。そんなママたちの表情が、ベビーマッサージをしているうちに優しくほぐれていくのを見ると、とても嬉しくなります。
ベビーマッサージをすると「オキシトシン」という愛情ホルモンが分泌され、育児のストレスが喜びに変わるんです。ママたちが素敵な笑顔になり、その笑顔のまま赤ちゃんと一緒に帰っていくこと!これが最高の喜びです。

成長してもできる「お歌でマッサージ」

―編集部ベビーマッサージについて、読者ママへのメッセージをお願いします。

蛯原さんベビーマッサージというと、赤ちゃん期でないとダメ、と思っているママも多いんですが、そんなことはありません。何才になってもやってあげてください。
動き回るお子さんにもおススメなのが、お歌を歌いながらのマッサージ。これだと落ち着きやすくなります。ママが歌いやすく、子どもの心も掴めるようにとオリジナルソングも作りました。ぜひトライして、親子の楽しいコミュニケーション時間を作ってみてください。

全国に蛯原さんのベビマレッスンが登場!?

―編集部最後に、今後の夢を!

蛯原さん今は、東京都内中心にレッスンをしていますが、これからは日本中に出張して、たくさんの親子にベビーマッサージの素晴らしさを伝えたいです!!

―編集部これからのご活躍が益々楽しみです。ありがとうございました!

蛯原英里のベビーマッサージ

ベビーマッサージのHow toをわかりやすく伝える蛯原英里さんはじめての著作「蛯原英里のベビーマッサージ」(DVD付)好評発売中!(1,300円/主婦と生活社)

蛯原さん直筆サイン入りの本書を、5名様にプレゼントします。
「今月のプレゼント」コーナーをチェック★